エヴァンゲリオンが海外で配信されるも炎上、Netflix配信巡り海外ファン論争

エヴァンゲリオンが海外で配信されるも炎上、Netflix配信巡り海外ファン論争

  • アニメ
  • post
  • update
CsPAZDqUAAAOiws






1: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:22:16.89 ID:xPpse99E0
エヴァNetflix配信巡り、海外ファン論争

動画配信サイトNetflixは2019年6月21日から人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のTVシリーズと劇場版「EVANGELION: DEATH (TRUE)2」「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」の独占配信を、全世界190か国で開始した。

ところが、その英語版のTVシリーズ24話の字幕が、海外のファンの物議を醸し、論争を巻き起こしている。

TVシリーズ終盤の24話で主人公の碇シンジと、この回登場の渚カヲルが交流を深め、一緒に入浴する場面がある。日本語では「好きってことさ」とカヲルがシンジに話すのだが、従来海外のファンが観ていた、米ADV社によるソフトでの字幕は
「It means I love you」
だったものが、Netflixで新しく配信されたものは
「It means I like you」
だった。

さらに24話終盤のシンジの「カヲル君が好きだって言ってくれたんだ、僕のこと」という台詞は、
「(Kaworu said I was...)worthy of his grace」
で、ADV版の「Kaworu said that he loved me」とはかなりニュアンスが異なる印象だ。続くシンジの「初めて人から好きだって言われたんだ」の台詞もADV版は
「It was the first time someone told me they loved me」
と訳されていたが、Netflix版は
「That's the first time anybody's ever said they liked me ever」
となっていた。

Netflix版では総じてカヲルからシンジへの感情表現がマイルドなものになっている。この字幕を見た海外のファンは少なからずショックを受け、ツイッターなどでは字幕改変への怒りや悲しみを訴えるファンの投稿が多く共有された。

24話の一連の台詞は名台詞としてファンに記憶されていたものだけに、字幕とはいえ慣れ親しんだ台詞が変わったように映ったことは衝撃的だったようである。

全文はこちら
https://www.j-cast.com/2019/06/26360947.html?p=all

5: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:22:51.68 ID:AVB7JaN80
友人としての好きだと思ってたけど違うの??

7: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:23:14.46 ID:HOEObENL0
シンジはLikeとして受け取ったろうけど
カヲルはLoveとして言った
と解釈してる

27: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:25:09.45 ID:7hmdNqwW0
>>7
日本語としてはそうやろなぁ
英語で似たような曖昧なニュアンスないんか?

28: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:25:17.20 ID:WQwGwUFg0
>>7
逆だぞ
だから裏切られたと感じた時にブチ切れたんだぞ

59: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:27:04.43 ID:c74QEDYI0
>>28
いやちゃうやろ

9: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:23:25.67 ID:I0fTueEj0
海外にもBL好きいるのかよ

10: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:23:32.21 ID:Pbe54BcLM
likeが正解やろ

13: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:23:47.05 ID:vIZkBnptp
向こうの腐女子が騒いでるだけやん

14: 名無しさん 2019/06/26(水) 15:24:02.90 ID:vv3AqqlCd
なんやホ○しかおらんやんけ

続きを読む

このアニメの記事をシェア

アニメ系雑談のまとめ

アニメのまとめ

少し前の声優・アニメのまとめ

MENU