ハリウッド実写版『機動戦士ガンダム』は黒歴史化を回避 北斗やDBのようにはならない

ハリウッド実写版『機動戦士ガンダム』は黒歴史化を回避 北斗やDBのようにはならない

  • アニメ
  • あにちる速報 - アニメ系雑談
  • Post
  • Update
20230_1_9_8b





1: 名無しさん 2019/12/26(木) 10:01:06.70 ID:t8EXJdTi9
『富野由悠季×安彦良和』再タッグの可能性も? サンライズGMが語る「名作はクリエイターの“衝突”から生まれる」

今年40周年を迎えた『機動戦士ガンダム』は、日本が世界に誇るIPコンテンツとして今なお絶大な人気を誇る。2018年夏、ハリウッド実写版企画も発表され世界のガンダムファンを沸かせたことも記憶に新しい。その『ガンダム』シリーズの舵取りを担うサンライズの小形尚弘ゼネラルマネージャー(以下、GM)を取材。アニメファンのトラウマとも言える“実写化”への懸念や、富野由悠季氏と安彦良和氏の再タッグの可能性などを聞いた。

■黒歴史化を回避? 実写版の条件は「脚本とデザインの共同開発」

――GMである小形さんにはハリウッドの実写版についてガッツリお話を聞きしたいです。小形さんはハリウッド版の制作にも関わっているのでしょうか。

はい。実写版は海外の人も含めて相当なバジェット(予算)で行う事業ですので、サンライズだけではなくグループ全体でどんなビジネスにするか歩調を合わせて進めています。ただ、中身の部分に関してはサンライズが責任を持って開発しているところです。



――かつてのハリウッド版『北斗の拳』や『ドラゴンボール』のように、原作とかけ離れた内容にはならないということでしょうか。

サンライズとレジェンダリーの双方がOKを出さない限り、脚本もデザインもOKにならないという点が一番のキモとなっています。なので、サンライズがしっかりと開発責任を負っているという点で、「ガンダムと全く違うモノ」にはならないという保証はあります。
ファンの皆さんも気になっていると思いますが、そこはサンライズとして一番大事にした部分で、結果として“共同”で制作できる会社と組むことが前提でした。レジェンダリーは大手でありながらインディペンデントな会社に近くて、『GODZILLA ゴジラ』なども撮っているんですけど、フットワークが非常に軽い印象があり、日本のコンテンツで勝負したいという気持ちを感じます。
新しい作品をどんどん生み出していきたいというマインドを持っています。一方でサンライズ側が「もっと新しくしちゃっていいのに」と思うくらい保守的というか、彼らなりのガンダムらしさ、日本のクリエイターに対するリスペクトを持っています。そういった意味でも、「ガンダムって名前がついてるだけの映画」にはならないと思います。

全文はこちら
https://www.oricon.co.jp/special/54120/

4: 名無しさん 2019/12/26(木) 10:03:46.80 ID:6IiVOvF50
黒歴史になるかお蔵入りになるか
好きな方を選べ

5: 名無しさん 2019/12/26(木) 10:03:49.91 ID:f8DadLnk0
伝説のケツアゴのシャア

10: 名無しさん 2019/12/26(木) 10:06:00.20 ID:bAgLpc/P0
オリジン楽しめるなら大丈夫だろ

続きを読む
Juuuke
いやぁ、アニメって本当にいいもんですねっ!

ガンダムのまとめ

アニメのまとめ

少し前の声優・アニメのまとめ

Juuukeのご紹介

Juuuke(ジューク)では人気アニメのガンダムのまとめをご覧いただけます。「ハリウッド実写版『機動戦士ガンダム』は黒歴史化を回避 北斗やDBのようにはならない」など、20,567件の「耳が幸せ」な声優・アニメ情報をあなたのすぐそばにお届けします。

MENU